06-6958-5150

〒535-0021 大阪府大阪市旭区清水3-1-14 柴眼科ビル3F

ひとくちコラム

HOME»  ひとくちコラム»  ひとくちコラム

ひとくちコラム

ひとくちコラム
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

迷信?伝統?

足立内科クリニック みなさんこんにちは!
元気に夏を満喫してらっしゃいますか?
事務長の三堂です。
夏真っ盛りですね~!!
夏といえば・・・海!!海に行きたいですね~
でも猛暑はあまり続いてほしくないところ。そろそろ気温も落ち着いてほしいですね。
ところで、みなさん水分補給はこまめにされておられますか?「喉が渇いた!」では水分補給のタイミングとしては少し遅いとのお話しもあります。定期的にこまめな水分補給(それと塩分補給)が大事なんですね。
そういえば私が学生時代に少しばかりたしなんでおりました「ラグビー」では今となっては迷信?と耳を疑いたくなるような事がさかんに行われていました。80年代頃のラグビーをはじめスポーツの世界では「練習中に水を飲むと更にしんどくなる」「練習中に水を飲むなど根性なし!」という風潮があり、真夏の練習などではみんな喉の渇きに断末魔を上げていたものです。今となってはかなり危険な精神論ですよね。そうそう・・迷信?伝統?といえばこんなのもありました。「魔法のやかん」というやつです(正体はやかんに入ったただの水です)。ハードな練習の最中、タックルなどで選手が倒れて意識を失う場面(いわゆる脳震盪状態)がラグビーでは起こります。その様な場面で「魔法の水」は登場するわけです。それで何をするのか?ですか??・・倒れている選手にやかんを持った控え選手が駆け寄るわけです・・そしてそう・・顔に冷水をぶっかけるのです!足立内科クリニック(ただそれだけです!!)またそれがなぜか良く効いて、選手は魔法から覚めたかのように意識を戻しブルブルと首を振ります。そんなこんなでプレー再開。なんとも荒療治です。多分一種のアイシング効果か何かだと思いますが、今となっては想像もつかない対処方法です(当時は本当に何か秘密があるんじゃないかと思うほど効果てきめんでした)。
現在のラグビーではHIA(Head Injury Assessment)と言って、脳震盪の疑いのある選手を一時退出させるルールができました。2015年ワールドカップ、スーパーラグビーに続き、トップリーグでも2016-17シーズンから導入されました。このルールにより、頭を打って脳震盪が疑われる選手は最大10分間、試合を一時退出してドクターによる脳震盪の確認をされます。確認の間は控え選手より一時交代が認められます。脳震盪でなければ試合に戻ることが可能ですが、脳震盪と診断された場合はそのまま試合に戻ることができなくなり、交代をすることになります。激しいスポーツだからこそ、安全面は最も重要ですよね。伝統は大事にしなければなりませんが、時代と共に変わる部分も当然あります。
体調面や日々の生活習慣でもそうですね。「昔の常識」や「思い込み」は時に危険な場合もあります。何かお身体の事で不安がありましたら、いつでもクリニックにご相談下さいね。
今回のグリーンは「高性チャマエドレア」。メキシコ東部を原産とするヤシ科の植物です。暗い所や、寒い環境にも強く、高性能ということから「高性」という名前が付いたようです。なんだか凄く現代的でハイブリッドな感じがしませんか?
 

 

2019-08-19 10:13:15

折りたたむ

新時代到来!!

足立内科クリニックみなさんこんにちは!
いよいよ初夏を迎え、気温も日を追うごとに上がってきましたね!
かといって朝晩はいまだ涼しく、なかなか体が追いついていかない今日この頃、皆さん体調崩されたりしていませんか?
事務長の三堂です。
「令和」になりましたね~(笑)
新時代の到来です!なんだか新鮮な気持ちになりますね。
新時代に合わせてという訳ではありませんが、今年は4年に一度・・いやいや実質的に自国で開催され、スタジアムに見に行く機会があるのは一生に一度といわれている祭典「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されます。そこでみんなで盛り上げていきたいところです!
足立内科クリニック そういうラグビー好きの私も、知らない事がいっぱいあるんだな~と実感したトリビアを少しご紹介します。ラグビーはイングランドを起源とし、その発祥年には諸説あります。ルール制定がなされたのは1870年と言われています。ラグビーでは相手の陣地にボールを置くと5点、その後キックでH型のポールを通過させると2点というルールがあります。その相手陣地にボールを置く行為を「トライ」と言います。何気なく使っていたこの「トライ」という言葉ですが、いやいや意味があったんです。その1870年頃ラグビーでは「トライ」をしても得点にはなりませんでした。その後のキックでようやく点数が入る。つまり「キックを蹴る権利を獲得する=トライ」という事だったそうです。その後1890年にトライで得点が1点加算されるようになり、さらに翌年の1891年には2点に、また翌年の1893年には3点になります。その後78年間もの長い間、このルールのまま変更されることはありませんでしたが、1971年に4度目の変更で4点となります。
しかしこれだけでは終わりません。1992年にさらにルールが変更され、現在と同じ5点というルールに変わったのです。実に5回ものルール変更がなされてきていたのです。今と昔でやっている事は同じでも、評価が時代と共に変わってくる。新時代「令和」ではどんな変化が待っているでしょうか。
時代と変化を合わせて楽しんでいければよいなと思います。


今回のグリーンは久々の「ソング・オブ・ジャマイカ」です
原産地:マダガスカル(東南アジア)
初夏を迎え元気いっぱいに葉を付けてくれています
体調に気を付けて夏を乗り切りましょう!

 

2019-05-27 17:05:00

折りたたむ

初冬の季節!!

足立内科クリニックみなさんこんにちは!
紅葉の時期も終盤となり、既に十分冬なのですが、まったくそんな感じがしない日々が続く今日この頃、皆さん体調崩されたりしていませんか?
事務長の三堂です。

5月より少し間が空き、久々のコラム更新となります!
あっという間に今年を総決算する時期となりました(笑)
今年は「自然の脅威」を実感した1年でもありましたね。大阪北部を震源とする地震、7月には西日本豪雨と様々な天災に見舞われました。北海道でも地震が発生、震度7を記録するなど「自然の脅威」と一言で纏めてしまうには、あまりにも多くの被害が出た災害でした。一方スポーツ界でも様々なパワハラ問題が露呈し、旧態依然とした「慣例」の是非が問われました。また世界に目を向けると米朝首脳会談など歴史的な出来事も起こりました。
足立内科クリニック そうそう、2025年には大阪・関西での万博の開催が先日発表されたところですね!
様々な変化には「備え」が必要だと言われます。「備えあれば憂いなし」とも申します。「怖さ・大変さ」をリアルに想像できると、おのずと行動が早めになり危機管理が出来るようになります。
健康管理も同じではないでしょうか。日常の「備え」として、かかりつけ医とよく相談をし、健やかな毎日を送る事。季節のウイルスなどには予防接種で対応する事。そのどれもが予想できる脅威への「備え」となると思います。
足立内科クリニックはいつでも皆さんのそばにあります。
今後も何かございましたら、いつでもご相談下さいね。
今回のグリーンは「オキシカルジューム」です。
メキシコ東部・西インド諸島などを原産とし、サトイモ科に属しています。
ハートの形に似た葉がとってもカワイらしいオキシカルジューム。よく茂った葉からは、名前の通り新鮮なオキシゲン(酸素)をいっぱい出してくれそうですね!

《写真:足立昌司先生》

 

2018-12-04 11:30:00

折りたたむ

新しいリースがお出迎え!

足立内科クリニックみなさんこんにちは!
事務長の三堂です。

今年も5月となり2018年も中盤を迎えようとしています。
寒暖の差が激しい今日この頃、皆さんどのようにお過ごしでしょうか?
若い新卒の人達が研修を終了し、各部署に配属されるのもこの時期です。
意気揚々と街中を闊歩している様は爽やかな気分にもなりますね。
ところでクリニック入口に飾ってあるリースが先日新しくなりました!
もうお気づきになった方もいらっしゃると思いますが、どうですか?
なかなか爽やかでしょ!!
院長先生がクリニックに相応しい色合いと形、サイズなど思案され、想いがいっぱい詰まった素敵なリースが出来上がっています。ぜひご覧ください。
ご存知かもしれませんが、リースには見た目の美しさ以外に様々な意味があるようです。
ヨーロッパでは魔除けに使用されますし、終わりのない円形のリースには「永遠」の意味も込められています。玄関に飾って「家族全員が、永遠に無事に家に帰ってき続けますように。」とおまじないにします。
クリニックはそんな思いを込め、クリニックの患者さん・皆さんが体調をくずして入院などしないように!健康な毎日をサポートさせて頂ければと思います。
空間にとけこむように爽やかな雰囲気のリースは、クリニックに春の風を運んでくれます。
皆様の癒しになればと心から思う次第です!

足立内科クリニック
 

《写真:足立昌司先生》

 

2018-05-25 10:14:38

折りたたむ

医療もスポーツも日々進化!

足立内科クリニックみなさんこんにちは!
事務長の三堂です。

2018年はオリンピックイヤーという事で、まだまだ日本人選手の活躍も記憶に新しいところです。様々な感動を与えてくれた冬季オリンピック・パラリンピックも終盤となり、寂しい気持ちになっておられる方もいると思います。足立内科クリニックしかし!今後は日本でスポーツのビックイベントが目白押し。2019年は日本でラグビーのワールドカップ、2020年には東京オリンピック・パラリンピックと世界トップクラスのアスリートが日本に集結します。楽しみはまだまだ続きそうですね!スポーツの世界も器具やデータ管理など、最新の技術を導入し日々進化しています。医療の世界も同様に、テクノロジーの進化で様々な変化が見られますね。
当院でも本年2月より「遠隔診療(ポケットドクター)」を開始いたしました。
これはスマートフォンやタブレットで、オンライン上で医師から診察を受けることが出来るシステムの事を言います(処方箋なども自宅で受け取る事ができます)。現在は初診の患者さまは対象ではなく、来院頂いた際に医師とのお話しの中で、症状の安定なども考慮しご相談頂くことになります。ご不明な点などありましたら来院時にお尋ねくださいね!
今回のグリーンは原産国がインド・タイの「フィスカ・アルテシーマ」です。
何よりも綺麗な緑の葉っぱが特徴のゴムの木の一種。
皆さんの良き癒しになればと思っております。

《写真:足立昌司先生》

 

2018-03-02 10:37:00

折りたたむ

まごころケアプランセンターAEROのご紹介!!

足立内科クリニックみなさんこんにちは!
事務長の三堂です。

足立内科クリニック今回は平成30年1月からオープンした「まごころケアプランセンターAERO」についてご紹介いたします。旭区清水1丁目にあるAEROビル千林の2階に事務所があり、ベテランのケアマネジャーが日々皆さんの介護・福祉のご相談を伺っております(1階にはCafe&Dining Bar 108という店舗が入っています)皆さんの中でも「介護保険のサービスを利用するにはまずケアマネジャーさんに相談するんやろ?」と、よくご存じの方もいらっしゃると思います。でも「介護保険ってなんやろ?」「いろんなサービスについて知りたい!」「介護保険の申請って難しいんやろうか?」など介護・福祉に関するどんなご相談でも結構です!連絡を頂ければ、ご説明させて頂きます。皆様の身近な介護の相談窓口として「まごころケアプランセンターAERO」を宜しくお願い致します。

 

足立内科クリニック(実はいつもニコニコ愉快なケアマネさん達です。皆さんを楽しい気持ちにさせてくれると思いますよ~(^^♪)
※おしゃれな事務所でお話しを伺います!

 

足立内科クリニック
今回のグリーンは「ソング・オブ・ジャマイカ」
原産地:マダガスカル(東南アジア)
たくさんの葉っぱが、大きく口を開けて、楽しそうに歌っているように見える姿が特徴の植物です。まるで「まごころケアプランセンター」のみなさんみたいですね!!

 

《写真:足立昌司先生》

2018-02-01 12:28:00

折りたたむ

華やかな季節到来!!

足立内科クリニック急に寒くなって参りましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか?
事務長の三堂です。

足立内科クリニック
もうすぐクリスマス・大晦日・お正月と続き、街も心も華やかに浮き立つ季節ですね。師走とはよく言ったものです。
もともと師走とは旧暦の12月を指す言葉で、具体的には12月下旬から2月上旬ごろを指す言葉のようです。また「師走」の意味ですが師走=「師が忙しくて走る様」を想像しますが、どうも諸説あるようです
忙しくて「師が走る」や同じ意味合いでも年末にお経をあげてもらう習慣がある地方では「師=お坊さん」が走るという意味、また「し・果す」として一年の締めくくりの月だという意味や様々な解釈があるようです。面白いところでは国語辞典では「師走は当て字である」と記している物があるとの事。もともと奈良時代に12月を「しはす」と呼んでおり、当て字を付けたとのお話し・・諸説は時代と共に生まれるものなのですね。
なかなか興味深いですね
足立内科クリニックは「医師走」先生方は年末も頑張っています。2018年も「誠実に」「正確に」「生涯をともに歩む医療」の3つの方針を基本とし、今後も皆様の健康管理のお手伝いが出来ればと考えております。
今回のグリーンは「フィカス・ベンジャミナ」
和名:シダレガジュマルでクワ科 の一種との事。
華やかで年末らしいグリーンで皆様の心が癒されれば幸いです。
それでは少し早いですが、メリークリスマス!!
そして良い年をお迎えください!

(Ps.今回の写真も昌司先生にお願い致しました。グリーンの撮影は既に旭区一になっているかもしれませんね(^^♪)

 

2017-12-20 15:48:43

折りたたむ

寒くなって参りました!

足立内科クリニックみなさんこんにちは!
先日まで真夏の様な暑さで「半袖でも大丈夫か・・」と高をくくっていた矢先、急に気温が下がり「コート欲しい~」と心の中で呟くも衣替えが全く追いつかず寒々とした日々を送っている事務長の三堂です。

足立内科クリニック
そう、高をくくるといえばインフルエンザ!本格的な冬の到来を目の前にし、「まだ大丈夫かな・・」と思っていると周りでは既に流行りだしていた!なんていう事も多々あります。当院でもインフルエンザの予約を開始いたしております。備えあれば憂いなしと申します。秋~冬にかけてはハロウィンやクリスマスなどイベントも目白押し。インフルエンザ対策を万全に体調を整えて頂いて、楽しい秋冬シーズンを過ごして頂ければと思います。
今回登場した新しいグリーンは「ベンガルボダイジュ」です。熱帯アジア原産の常緑高木で別名バンヤンジュ、沖縄ではガジュマルと呼ばれています。インドでは長命と豊饒のシンボルとして神聖視されているそうです。大きくなると高さは30メートル、樹冠の直径は100メートルにもなるこの「ベンガルボダイジュ」。元気なグリーンが皆様の癒しになれば幸いです。(PS.今回のグリーンの写真は鮮明でアングルもいつもと違う!と思われたのではないでしょうか?そうです・・今回のグリーンの撮影はなんと昌司先生にお願い致しました!綺麗でしょう~!次回からの写真も期待しております(笑))

 

2017-10-26 09:37:00

折りたたむ

秋になりましたね~

足立内科クリニックみなさんこんにちは!
事務長の三堂です。
日に日に秋の気配を感じる今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか?
芸術の秋と言いますけどなかなかそんな高尚な場面には縁がなく、もっぱら食欲の秋一辺倒で日々過ごしている私でございます。

足立内科クリニック
最近は「秋が短くてすぐに冬になってしまう」なんていう事を言ったり聞いたりします。
肌寒くなるのが早いのでしょうか?日本での秋は9月から11月まで、歴の上では立秋から立冬の前日まで(2017年は8月7日から11月6日まで)を指すそうです。
(天文学では秋分から冬至まで)
この時期は昼が短く夜が長い、涼しくさわやかで五穀や果物の収穫期でもありますね。
しかし一方では台風や長雨などあまり歓迎されない天候にも見舞われがちです。寒暖の差も激しく体調を崩しやすくなる時期でもあります。くれぐれも皆様お身体をご自愛下さい。
 さて、平成29年9月1日より足立内科クリニックは「医療法人永紘会(えいこうかい) 足立内科クリニック」として再スタートを切りました。更に皆様に愛され信頼して頂けるクリニックになるべく頑張って参りたいと思います。今後とも宜しくお願い致します!

 

2017-09-28 10:23:00

折りたたむ

最近気づいたこと・・

みなさんこんにちは!
事務長の三堂です。
寒暖の差が激しい今日この頃ですが、体調など崩されていないでしょうか?
私はと申しますと・・先般風邪をひいてしまいました!
いやはや情けないかぎりです。

そんな情けない私ですが、年齢も年齢なので最近ジム通いを始めました。
大きな目的はダイエット及び健康促進です(ほぼダイエットが主ですが(*_*))
そこでみなさんに大きな発見をしましたのでご報告致します。
それは・・・何事も専門家に聞くのが一番!という事です。
「そんな事は解ってるって~」とみなさん思われるでしょうが、なかなかどうして・・それを実行している人は少ないと思いますよ。かくいう私も、先日身をもって体験致しました。
ジムに通う以前の私はダイエットや運動法など「これがいい」「あれがいい」と何千何万という自称「先生」が発信するいわゆる「インターネット(ネット)情報」というやつを頼りにしていました。それを何気に見てなんとなく実行する毎日。人によっては全く逆の意見が書かれていることさえあるインターネットの情報に右往左往し、はたまたそれらの「良いとこ取り」をしようとして中途半端になり失敗したり・・なかなか上手くいかない日々が続いていました。
そこでジムに通うようになって気づいたのが「自分を知る」という事でした。人は体質やその時の栄養状態も様々です。年齢や性別も違います。ジム通い初日、トレーナーの方に様々な指導を受けながら動くことによって、どれだけ自分が動けていないのかを思い知らされました。その上で自分自身の弱いところ、本来すべき運動方法を見つけてもらう事が出来ました。全く想定していなかった指摘に最初は戸惑いましたが、今は信じて続けてよかったと思っています。ネットの情報はあくまでも「その人の体験談」という参考情報とし、知識として頭に置いておく程度で良いのではないでしょうか。
身体の不調や不安などに関しては医師へ、効率的な運動などに関してはジムのトレーナーなど、やはり「自分自身を知ってくれているプロフェッショナル」へ相談する事が「安全で確実な成果」に繋がるんだという事。そして何よりも大切なのが、そのプロフェッショナルの指導・助言を真摯に受け止め実行する事だと改めて実感した次第です。
(まあなかなかうまくいかない時もありますが、ボチボチ頑張って行きましょう!!)
今回も新登場のグリーン。ポトス!
原産地はソロモン諸島及び東南アジアの亜熱帯と熱帯雨林との事。
南国出身のポトスとともにこれからの暑さを吹き飛ばしていきましょう!
それでは(^^♪

 

2017-05-29 17:53:35

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2